CATEGORY

Tips

集計行をうまく活用しよう!krewSheet活用Tips

krewSheetにはkintoneの一覧画面上で集計結果を表示できる集計行という機能があります。 例えば、案件金額の合計や案件数のカウントなどで利用します。 グラフを作成することなくレコードを跨いだ集計が一覧上で行えるので、活用されている方も多い機能です。

kintone+krewDashboardで予実管理グラフを作成する

Excelのような予実管理グラフをkintoneでも作りたいけど、なかなか思うグラフが作成できずにお悩みの方も多いのでないでしょうか。 今回は、豊富なグラフ種でデータの可視化ができるkrewDashoboardで作成する予実管理グラフをご紹介します。

kintoneでプロジェクトの工数管理をするならkrewData!

プロジェクトがプロジェクトが順調に進んでいるか確認する指標の1つが工数です。 kintoneでは工数管理を行う際に集計がネックになります。 krewDataでは柔軟な集計ができるため、「工程ごと」「プロジェクト全体」など複数の視点で工数の集計・分析ができます!

あなたはどれ?kintoneで実現する予実管理

予実管理と一言で言っても、小規模で簡単に行いたい、全社・部門ごと本格的に集計を行いたい、昨対比を出したいなど様々なパターンがあります。この記事では、kintoneとkrewシリーズで実現できる予実管理をタイプ別にご紹介します。ご自身が実現したい予実のヒントが見つかると思います。

krewDataコマンドシリーズ -kintoneのテーブルを集計できる

kintoneには「テーブル」と呼ばれるフィールドがあります。 krewDataのテーブル作成コマンド・展開コマンドを使うと、①テーブルを柔軟に集計 ②テーブルのレイアウトにレコードを整形 することができます。 例えば、工数集計や請求書作成などで活躍するコマンドです。

センパイの声は「武器」になる。kintone専業SIer ジョイゾーさんが教えるkrewDataのコツ

今日はジョイゾーさんが日々「キントマニア」などで発信してくださるkrewDataの活用についてお話したいなぁと思っています。 おさえておきたいコツやポイントがぎっしり詰まっていて、実際に活用しながら困るポイントを分かりやすく解説してくださってますので、ぜひご覧ください! また、情報は順次アップデートしていますのでぜひチェックいただけると嬉しいです。

未提出はだれ?社員マスタと突合して「未作成のレコード」を探そう

今回のkintoneで脱Excelをめざすブログでは、krewDataで「ないもの探し」をする方法についてです。 社内でアンケートや課題などをkintoneアプリで管理すると、「提出した人」は一覧でスグに確認することができますが、「提出していない人」を探すのって実は難しいですよね‥? 今回は、社員名簿と突き合わせて提出していない人を探す方法をご紹介します!

>kintoneプラグイン「krew(クルー)」

kintoneプラグイン「krew(クルー)」

このブログは、kintoneプラグイン「krew(クルー)」を開発・販売するグレープシティ株式会社が運営しています。
krewはkintoneの操作性や機能を拡張するプラグインです。標準機能では実現できないExcelライクな機能な一覧操作を実現することができます。
ブログではkintoneの活用の幅を広げたい方やExcelでのデータ管理に限界を感じている方、グループウェアでの情報管理だけでは足りなくなった方、Excelと同じくらいの簡単さで業務アプリを作成したい方が「kintone」を使ってみようかなと思ったときに役に立つさまざまな情報をお届けします。

CTR IMG