CATEGORY

krewSheet

集計行をうまく活用しよう!krewSheet活用Tips

krewSheetにはkintoneの一覧画面上で集計結果を表示できる集計行という機能があります。 例えば、案件金額の合計や案件数のカウントなどで利用します。 グラフを作成することなくレコードを跨いだ集計が一覧上で行えるので、活用されている方も多い機能です。

krewSheetの一覧と詳細画面を同時に表示!新機能サブウィンドウって?

今回のアップデートでみなさんに特にお知らせしたいのが、krewSheetのサブウィンドウという新機能です。 サブウィンドウを活用すると、一覧画面と詳細画面を同時に表示できます。普段は詳細画面でしか活用できないkintoneのプロセス管理やコメントといった機能を活用できるようになります。

【導入事例】統制の取れていなかったkintoneを使い倒して業務基盤を整備 インターフェースの課題解消に貢献するkrewSheet

式会社DDホールディングスでは、Excelによる非効率な業務からの脱却を図るべく、以前から導入していたkintoneを有効活用することで業務基盤の再整備を実現しました。 その過程で、これまで利用してきたExcelが持つ使い勝手を求める経営層やマネージャに対して、グレープシティのkrewSheetを活用しています。その背景について、管理本部 グループ情報システム室 寺田 勇介氏にお話を伺いました。

【導入事例】kintoneでデジタル化を推進するための強力なツールに Excelの使い勝手を踏襲したい現場から評価されるkrewSheet

日清食品グループでは、業務の生産性向上を図るためのさまざまな施策の一環として、これまで紙に捺印する必要のあった決裁業務などの回覧をkintoneによってシステム化、あわせて開発部門のExcelによる進捗管理をkrewSheetに置き換えるなど、デジタルを活用したトランスフォーメーションの取り組みを加速させています。

kintone テーブルを活用した1アプリで実現するカンタン予実管理

予実管理と一口に言っても、業務によって様々な管理方法があると思います。今回紹介する「予実管理」はサクッとシンプルに管理したいときにお勧めの方法で、実際にグレープシティの社内でも運用中のアプリです。krewSheetによって、kintoneのテーブルを最大限活用することができるようになるため、1アプリだけで予実管理を運用できます!

kintoneの計算フィールドとkrewSheetの数式フィールド

kintoneアプリで計算を行う時に「計算フィールド」を利用しますが、krewSheetには「数式フィールド」という機能があります。両者には、「計算用のフィールド」という共通点があります。 この記事では、似てるようで違う2つの機能の違いと数式フィールドの活用イメージをご紹介します。

>kintoneプラグイン「krew(クルー)」

kintoneプラグイン「krew(クルー)」

このブログは、kintoneプラグイン「krew(クルー)」を開発・販売するグレープシティ株式会社が運営しています。
krewはkintoneの操作性や機能を拡張するプラグインです。標準機能では実現できないExcelライクな機能な一覧操作を実現することができます。
ブログではkintoneの活用の幅を広げたい方やExcelでのデータ管理に限界を感じている方、グループウェアでの情報管理だけでは足りなくなった方、Excelと同じくらいの簡単さで業務アプリを作成したい方が「kintone」を使ってみようかなと思ったときに役に立つさまざまな情報をお届けします。

CTR IMG