【krewDataコマンドシリーズ】 アプリ結合コマンドでできること

アプリ結合コマンドはアプリ間のデータを集計するために欠かせないコマンドです。 こちらの予実管理に関する記事でもご紹介しておりますが、予算と実績を別々のアプリで管理している場合には複数のアプリ間を跨いで集計する必要があります。アプリ結合コマンドを使うことで、予算と実績を突き合わせて予実管理に必要な計算を行うことができるよ...

krewSheetと併せて活用できる ジョイゾー社「条件付き入力制御プラグイン」を使ってみた!

今回のkintoneで脱Excelをめざすブログでは少しテイストを変えて、ジョイゾーさんの「条件付き入力制御プラグイン」をご紹介します! また、krewSheetと併せて使うことで、より実務に即した形で活用できるシーンも多くあると思いますので、ぜひご覧ください。

kintone テーブルを活用した1アプリで実現するカンタン予実管理

kintone テーブルを活用した1アプリで実現するカンタン予実管理

予実管理と一口に言っても、業務によって様々な管理方法があると思います。今回紹介する「予実管理」はサクッとシンプルに管理したいときにお勧めの方法で、実際にグレープシティの社内でも運用中のアプリです。krewSheetによって、kintoneのテーブルを最大限活用することができるようになるため、1アプリだけで予実管理を運用...

kintoneで予実管理を行おう! ―データ構造が異なるアプリ同士を突き合わせて予実管理を行う―

kintoneで予実管理を行おう! ―データ構造が異なるアプリ同士を突き合わせて予実管理を行う―

予算と実績を別々にアプリを運用する際、アプリ構成も大きく異なることがありますよね。 本記事では、アプリのレイアウトが異なるアプリを突き合わせる「ちょっと複雑」な予実管理をご紹介したいと思います。Excelのように行列変換を行って、データを整形します。

Excelで行っていた予実管理をkintoneでも行いたい! ーkintoneで予実管理を行うコツと方法(基本編)ー

Excelで行っていた予実管理をkintoneでも行いたい! ーkintoneで予実管理を行うコツと方法(基本編)ー

kintoneでExcelと同じように予実管理をしたい方はいませんか? この記事ではExcelで作成した予実管理表を例に、kintoneで予実管理を行う時の課題と実現方法についてご紹介します。 これから新たに予実管理を行われたい方にもおすすめの内容です。

kintoneの計算フィールドとkrewSheetの数式フィールド

kintoneの計算フィールドとkrewSheetの数式フィールド

kintoneアプリで計算を行う時に「計算フィールド」を利用しますが、krewSheetには「数式フィールド」という機能があります。両者には、「計算用のフィールド」という共通点があります。 この記事では、似てるようで違う2つの機能の違いと数式フィールドの活用イメージをご紹介します。