kintoneで脱Excelをめざすブログ

kintoneで脱Excelを検討している方や活用の幅を広げたいと考えている人に必要な情報をお届けします。グレープシティ株式会社krewチームが運営しています。

krewDataの新機能(2020年6月) ―自動採番、メモ機能など― 動画解説付

krewDataの新機能(2020年6月)

610日にkrewDataをアップデートしました。
この記事では、追加された各機能について解説します。  

新機能1:任意の連番を採番できる

自動採番設定が行えるようになりました。
出力アプリコマンドに「自動採番」というタブが新たに追加されています。

自動採番タブが追加された

ここでは、実現できる採番パターン3つと設定方法を請求管理をテーマにご紹介します。

【1】請求番号を連番で採番 

連番を1から採番するシンプルなパターンです。
krewDataの自動採番では、前後にフィールド値や数式によって作成した文字列を結合することができます。

krewDataの自動採番

【2】 請求レコードとテーブルに登録された請求明細に連番を採番する 

レコードだけではなく、テーブルにも同時に採番するパターンです。
ここでは、請求レコードとレコード内のテーブルに格納された「請求明細」に採番しています。 

レコードとテーブルに採番

【3】 毎月、顧客ごとにユニークな請求番号を採番する 

フィールドの値を用いて採番ルールを設定するパターンです。
ここでは、「請求日」から数式を利用して取り出した「202006」と「顧客コード」を「グループ化」することにより、グループごとにユニークな番号を採番します。

毎月、顧客ごとにユニークな請求番号を採番する

【設定方法】

【3】「毎月、顧客ごとに請求番号を連番で採番する」の設定方法を動画でご紹介します。

 

youtu.be

新機能2:出力時に並び順を指定できる

出力アプリコマンドにて、出力するレコードの並び順を指定できるようになりました。

請求管理アプリではレコードに請求番号を、テーブルに明細番号フィールドを保持しています。
以前はレコード番号順に出力アプリにデータが出力されていましたが、アップデート後は指定したフィールドの昇順/降順に並び替えることができます。

並び順の設定

【設定方法】

設定はkrewDataの設定画面 「設定タブ」で行います。「レコードの出力順序」という部分が並び替えの設定です。

並び順の設定方法

なお、並び替えの条件となる項目はkrewDataの処理で保持しているフィールドから選択することができ、並び替え条件は複数設定することができます。
フィルタで選択しなかったフィールドは、並び替え条件に指定することができませんので、並び替えに利用したいフィールドは「使用するフィールド」として追加を行ってください。

新機能3:テーブルの特定レコードのみを更新できる

これまではkrewDataのフローが実行されるたびに、テーブルのレコードを常に「再生成」する形で書き換えていました。
今回のアップデートでは、テーブルのレコードに対して「更新キー」を設定できるようになりました。これにより、更新キーを利用して特定のレコードのみ更新を行うことが可能になります。

【設定方法】

出力アプリコマンドでテーブルに対する更新キーをチェックします。

テーブルに更新キーを指定できる

新機能4:データ編集フローにメモを追加できる

3つ目の機能はメモ機能です。フロー作成エリアにメモを追加することができます。

krewDataでメモ機能が使えるように

【設定方法】

■コマンドに紐づけて作成:
1.コマンドを右クリックして作成します。
 ※複数のコマンドに紐づける場合には、紐づけたい全てのコマンドを範囲選択して作成します。
2.作成したメモをクリックして選択すると、メモと紐づいたコマンドが赤枠で囲われます。

■フロー作成エリアで作成:
1.フロー作成エリアで右クリックし、作成します。
2.作成したメモをクリックして選択すると、特定のコマンドには紐づかずメモのみが赤枠で囲われます。

設定してみよう

今回追加された新機能について、利用例で手順に沿ってお試しいただけます。

利用例で公開しているシナリオの内、「12. 契約情報から当月の請求データを作成する(請求管理)」にてお試しください。

krew.zendesk.com