kintoneで脱Excelをめざすブログ

kintoneで脱Excelを検討している方や活用の幅を広げたいと考えている人に必要な情報をお届けします。グレープシティ株式会社krewチームが運営しています。

Tips

kintoneで昨対比を把握しよう! krewDataで前年と比較する

本日は「昨対比」のお話です。「前年比」という表現をすることもありますね。今回のkintoneで脱Excelを目指すブログでは、krewDataを使い昨対比を確認するための分析アプリを作成する方法をご紹介します。

kintone テーブルを活用した1アプリで実現するカンタン予実管理

予実管理と一口に言っても、業務によって様々な管理方法があると思います。今回紹介する「予実管理」はサクッとシンプルに管理したいときにお勧めの方法で、実際にグレープシティの社内でも運用中のアプリです。krewSheetによって、kintoneのテーブルを最大…

kintoneで損益計算書(PL)を作成しよう!

kintoneで「脱Excel」するのが難しい業務のひとつに損益計算書(PL)等の財務諸表の作成があります。 kintoneで損益計算書(PL)の作成をした方におすすめの記事です。

kintoneで予実管理を行おう! ―データ構造が異なるアプリ同士を突き合わせて予実管理を行う―

予算と実績を別々にアプリを運用する際、アプリ構成も大きく異なることがありますよね。 本記事では、予実管理を行う上での「行いたいこと」と「システム的な制約」を解消するためのkrewData活用法についてご紹介したいと思います。

Excelで行っていた予実管理をkintoneでも行いたい! ーkintoneで予実管理を行うコツと方法(基本編)ー

kintoneでExcelと同じように予実管理をしたい方はいませんか? この記事ではExcelで作成した予実管理表を例に、kintoneで予実管理を行う時の課題と実現方法についてご紹介します。 これから新たに予実管理を行われたい方にもおすすめの内容です。

kintoneの計算フィールドとkrewSheetの数式フィールド

kintoneアプリで計算を行う時に「計算フィールド」を利用しますが、krewSheetには「数式フィールド」という機能があります。両者には、「計算用のフィールド」という共通点があります。 この記事では、似てるようで違う2つの機能の違いと数式フィールドの活…

リモートワークを支えるリモートワークポータルを作ろう

新型コロナウイルスの影響でリモートワークをされている方が多いと思います。普段とは異なる環境下であっても、以前と比較してチームのパフォーマンスが落ちていないか気になりますね。そこで、今回はkrewDashboardを利用してパフォーマンスや成果のチェック…

krewDashboardの新機能(2020年4月) グラフの色の指定など

2020年4月22日に行ったkrewDashboardのアップデートにて、3つの機能が新たに追加されました。この記事では、追加された各機能の利用イメージと設定についてご紹介します。最後にデモサイトをご案内しますので、新機能をすぐにお試しいただけますよ。

Excelのスライサーをkintoneでも!営業活動分析をサクサク行う

今回はkrewDashboardで行う営業活動の分析についてご紹介したいと思います。kintoneでもグラフ集計が可能ですが、krewDashboardを利用すると一度に複数のグラフを表示できるだけではなく、別々のアプリから作成した複数のグラフを一度に表示できるので、様々…

kintoneの一覧画面で作成した複数レコードに一括で自動採番する方法

本記事ではkintoneプラグイン「krewSheet」とアールスリーインスティテュートが提供する「gusuku Customine」を利用して、複数のレコードに一括で自動採番する方法をご紹介します。

kintoneで請求書作成からFAX・ファイル送信・郵送まで!請求業務を自動化する方法

今回の記事では、請求データの元となる注文や案件データは手動で入力し、その後の請求書用データ作成~顧客へ送付までを完全自動化する方法についてご紹介します。

Excelからkintoneに移行したらどうなるの?導入後の課題も併せて解説!

今回のブログではExcelの帳票を例にしながら、3つのポイントをご紹介します。①kintoneではどのような運用が最適なのか ②移行時に不便に感じてしまうポイントとは ③移行後に不便に感じるポイントをどのように解消できるのか

請求書作成に追われている方必見!kintoneで合計請求書が作れるプラグイン

今回は、顧客ごとに請求書を発行する場合のkintone活用方法と業務負担を軽減するkrewDataの活用方法をご紹介します。

入力しやすい、見やすいデータ管理ができる理由は?krewSheet機能まとめ

使い慣れたExcelの操作や機能をkintoneでも使えたら便利ですよね。そんな要望を叶えてくれるのが「krewSheet」です。今回は、デモを参考にkrewSheetの機能について紹介したいと思います!

kintoneゲストスペースを跨いだデータの転記はkrewDataにおまかせ!

アプリ間の自動集計に便利な「krewData」ですが、実はゲストスペースを跨いだデータの転記に役立つんです。今回は、集計だけじゃない!krewDataを使った活用方法をご紹介します。

kintoneで本格的なダッシュボードを作成しよう!

「krewDashboard」はkintoneアプリに登録されているデータを集計し、さまざまなグラフを使って可視化することができるkintoneのプラグインサービスです。kintoneのデータをもっと本格的に分析したいという方におすすめです。

krewSheetの一覧画面やkrewDashboardの実行画面から直接プラグイン設定画面を表示しよう!

krewSheetの一覧画面やkrewDashboardの実行画面から直接プラグイン設定画面を表示したいと思ったことはありませんか。今回は、アプリ作成時に便利な「デザインボタン」機能をブログでご紹介します!

【導入事例】大きな負担だった紙での管理をkintone+krewでクラウド化!

沖縄県与那原町にある株式会社ケアサポートは、デイサービスや老人ホームの利用者の記録を紙で管理していました。職員の負担となっていた紙の管理をkintoneとkrewSheetを導入して解決した事例を紹介します。

【導入事例】京王電鉄ーkrewSheetの導入でさらにkintone活用が加速

京王電鉄では2017年からkintoneを導入。さらなる社内kintone拡大のためExcelライクにkintoneを使えるkrewSheetを導入しました。

「本質的に効果が出るSFAを導入しよう」第3話

どのように情報共有をしていけば良いのでしょうか。仕組化の選択肢の一つとして挙がってくるのは、SFA(営業支援)システムの導入でしょう。もちろんSFAシステムは使いこなせれば、導入効果があります。しかし、自社にあったSFAシステムを選択しなければ、導…

「本質的に効果が出るSFAを導入しよう」第2話

「自分たちの営業チームの成果が中々上がらない、どうやって売上向上をすれば良いのだろう」こんな悩みを抱えたことはありませんか?

「本質的に効果が出るSFAを導入しよう」第1話

売上アップを目指すには、まずはSFAシステムの導入を検討することはよくある流れでしょう。しかし、本当に売上アップに必要なのはSFAシステムなのでしょうか。

kintoneのテーブルをらくらく集計! 工数管理アプリから製造工程ごとの作業時間を自動集計する

製品開発プロジェクトの工数管理業務を想定し、作業員が作業内容と工数、残業時間をテーブルに入力しているアプリをkrewDataで自動集計し、製造工程ごとの工数と残業時間を自動集計する方法を紹介します。

krewDataを使用したバックアップと復旧対応 - その2-

今回は前回に引き続き、krewDataでのバックアップと復旧対応について説明します。少し複雑な差分バックアップによる復旧対応のご紹介になりますが最後までお読みいただければ筆者も報われますので、ぜひご一読ください。

krewDataを使用したバックアップと復旧対応 - その1-

業務アプリにとってデータは大切なデジタル資産です。何かの間違いがあったら取り返しがつきません。そこで今回は少し技術運用よりのTipsとして、2回に分けてkrewDataでのバックアップと復旧対応について説明します。

カスタマインでkrewSheet一覧のレコード検索をもっと便利に!

kintoneの一覧で目的のデータを探すときに検索エリアがあったらいいなと思ったことはありませんか?今回はノーカスタマイズで一覧用の検索ボタンを作成する方法をご紹介します。

『krewSheet』と『gusuku Customine』でマスタアプリを最上級の効率で更新する方法

マスタアプリのレコードは一般的に頻繁に更新されるものではありません。しかしながら、勘定科目の変更、商品体系の見直し、法的なルール変更などによって、時に大きな更新が必要な場合もおとずれます。

株式会社か(株)か…それが問題だ。取引先企業名のデータクレンジング問題どうしてる?

展示会やセミナーなどの出席管理をkintoneで行っているという方はたくさんいます。FormBridgeなどkintoneと連携するサービスで参加申込フォームを作ればそのままデータがkintoneに入りますし、展示会に参加してくれた方の情報を後からcsvなどで取り込んだり…

kintoneで部署や科目単位で予算を集計するピボットテーブル

Excelのピボットテーブルって便利ですよね。月単位で費用を集計したり、部門ごと科目ごとに予算を集計したり、得意先ごとに月別の案件数を集計したり。この便利なピボットテーブルをkintoneアプリでも使えたら…と思っている方はきっと多いはず。

kintoneのルックアップとExcelのVLOOKUP

kintoneのルックアップフィールドをkrewSheetで使うと、kintoneが更に便利になります。