kintoneで脱Excelをめざすブログ

kintoneで脱Excelを検討している方や活用の幅を広げたいと考えている人に必要な情報をお届けします。グレープシティ株式会社krewチームが運営しています。

色を付ければ仕事が早くなる!kintoneにまるでExcelな条件書式を加えよう

条件書式で仕事を早める

kintoneを使う業務は、元々Excelを使っていた場合が多くあります。kintoneが持つ「共有」機能はとても強力で、Excelにありがちな多くの悩みを解決します。

一方、kintoneを利用する方からは「Excelの機能が欲しい」という声をよく聞きます。ポイントは「戻りたい」ではなく「機能が欲しい」なところ。kintoneにはExcelの強力な業務機能がないのです。

今回は「色付け」機能に目を向けます。色は処理すべき箇所を目立たせ、業務速度を早めます。kintoneにはない機能ですが、krewSheetを使えばExcelのような条件書式が可能です。今回はそのイメージを3つご紹介します。

 

利用頻度の多い3パターン

Excelの色付けには様々なパターンがありますね。krewSheetを使えばExcelさながらの機能を持つことができます。今回は利用の多い3つの条件書式をご紹介します。

値が◯◯になったら色付け

一番シンプルな「値が◯◯になった時」の色付けです。例えば対応状況を目立たせる使い方がありますね。対応が必要なレコードを瞬時に見つけることができます。
krewSheetではこのような設定で色づけができます。

書式ルールの編集 書式設定

まるでExcelのような画面ですが、これはkintoneのkrewSheet設定画面です。
設定完了後のレコード一覧画面がこちら。しっかりと、状況によって色が付いていますね。

書式設定で色付け完了後の画面

関数で色付け

条件には関数も利用できます。今回は「WEEKDAY関数」を使い、土日に色付けをしてみます。
設定した条件式は「=WEEKDAY(日付)=1」*1。「日付」はkintoneのフィールドコードを指します。Excelではセルを指定しますが、krewSheetではフィールドコードを指定します。

関数を利用して色付け設定

設定後の一覧がこちら。しっかりと土日に色が付いていますね。イベント管理アプリなどで利用できそうです。

関数での色付け設定完了後の画面

2つの複合技で色付け

2つの複合技です。対応期限間近、至急処理が必要なレコードを目立たせましょう。対応が未完了で、期限日から10日以内のレコードに色を付けます。
条件式は「=AND(Status<>"完了",(LimitDay-Today())<10」。「Status」と「LimitDay」がkintoneのフィールドコードです。更に行まるごとに色を付けちゃいます。

2つの複合技で色付け設定

設定後のレコード一覧がこちら。少し目立ち過ぎですが、気付かなかったとは言わせません笑 

2つの複合技で色付け設定完了後の画面

 

いかがだったでしょうか。どれもExcel画面のようですが、ちゃんとkintoneの画面なんですよ。この他にもExcelさながらの機能をご紹介しています。併せてご覧ください。

kintoneをExcel化するkrewSheetの詳細は製品ページをご覧ください。分かりやすくご紹介しています。

 

*1:日曜の場合。土曜なら(日付)=7